へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録と、その後の生活日記

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

久々の冬の北海道

スポンサーリンク

法事のため久々に冬の北海道へやってまいりました。

今回訪れたのは旭川。旭川は例年に比べ雪は少なかったそうですね。

とはいえ、春先であっても公園にはこれくらい雪は残ってます。f:id:Colonel_Zubrowka:20220322082755j:image

ただ、だんだん気温は上がってきており、日中は5度くらい、夜間も氷点下2度くらいなので、もうすぐ冬も終わるナァという季節感ですね。

 

昼間気温が上がり、夜間に氷点下になるってのはブラックアイスバーンの元でもありまして、昼間溶けた雪の水が夜間に再び凍ることで路面にスケートリンクのように氷の膜を作ってしまうわけですね。

冬用の靴ではなく、普通のスニーカーで行ってしまったのでグリップ力なんて皆無ですね。

久々に路上でコサックダンスを披露する羽目になりましたね。その後強かにお尻を地面へと打ちつけました。

 

それはそうと、現地でレンタカーを借りて富良野美瑛にも足を延ばしました。

久々にトヨタ車なおかつオートマ車を運転しましたね。ヴィッツ。

レンタカーに採用されるような廉価グレードでも車線逸脱警報装置とか空転警告装置とかついてるんですな。

慣れるまでウィンカー上げたつもりがワイパー動かしたりもしましたが、そこはご愛嬌。人によってはこれもマウントになるそうですよ。

 

北海道の冬道運転の基本は兎に角、急のつく操作はしないこと。安全マージンを多めにとること。これが大事なのです。

路面が見えていると思ってもブラックアイスバーンになってたりするので、馬鹿みたいに飛ばすと事故ります。

 

冬の富良野美瑛を堪能し、なかなか素敵なカフェを見つけてのんびりしてと優雅な一日を楽しめました。

 

リタイア後は美瑛あたりに移住したいですね。除雪せねばならんのだけど…