へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録と、その後の生活日記

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

USSエンタープライズDを作ろう~2022年2月号(第5号)

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20211011222041p:plain

ディアゴスティーニのUSSエンタープライズDを作るシリーズの第五号が届きました。
前回までは…

www.colonel-zubrowka.com

楽しみにしている人は果たしているのか?と甚だ疑問なテーマですが、引き続き完成までレポートします!(自己満足)

 

 

開封

今回は少し大きめの箱で届きました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206151636j:plain

いつも通り説明書を取り出します。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206151704j:plain

一応日本語説明書が公式ページでPDFで公開されています。

https://deagostini.jp/sed/pdf/guide/SED_05.pdf

 

さて早速開始しましょう。

 

ステージ15 円盤部フレーム

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206151920j:plain

ステージ15の部品として、円盤部のフレームと推進部のフレームが同封されていました。

今回で円盤部のフレームが一周する予定です。

前号までに作り進めてきた円盤部のフレームに、フレームパーツ同士を接合するジョイントパーツを取り付けます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206152105j:plain

パーツはステージ16になっていますが、円盤部の残りパーツを取り付けていきます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206152157j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206152302j:plain

残りもう一つのパーツは、後のステージに入っているので、説明書通り次の行程にすすみます。

 

ステージ16 シャトルベイのハッチ

第二船体(推進部)背面にある、第2及び第3シャトルベイのハッチはまだついていない状態でしたが、今回はこのハッチを取り付けます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110222822j:plain

前回までに組み上げた第二船体ドーサルネック後部のパーツを取り出し、裏からハッチを取り付けます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206152537j:plain

流石アメリカ製品…パーツが入るクリアランスが足りないので、割と無理矢理はめ込む必要があり大変でした。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206152654j:plain

はめ込んだらネジで固定します。このネジが微妙に緩いのであまり締めすぎると本体側のネジ穴がバカになるので注意です。

取り付けるとこんな感じになります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206152751j:plain

 

ステージ17 円盤部フレームの残り

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206152908j:plain

ステージ17には先ほどのステージ15で作った円盤部フレームの残り一個が入っています。
どうして、15の間に上記の16の行程を挟んだのかは謎ですね。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206153034j:plain

フレームの他に、第二船体に取り付けられるバトルブリッジのモジュールも付属していました。これは今回は使いません。

残りの円盤部フレームを取り付けます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206153127j:plain

写真を見ると分かると思うのですが、左右のチリが合っていません。
この辺、流石アメリカ製です。

これをどうするかというと、ジョイント用の部品で無理矢理チリを合わせます。流石です。

というわけで、力業でねじ伏せて円盤部フレームは完成です。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206153234j:plain

 

ステージ18 円盤部の外壁

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206153420j:plain

ステージ18には円盤部の外壁パーツと、第二船体のドーサルネックと円盤部の接続部分になるパーツが入っていますが、今回の行程では外壁パーツを作るだけのようです。

毎度の窓パーツを一つ一つ取付を行います。
こいつも(説明書には書いてないけど)すぐに外れるので、接着剤で固定しちゃいます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206153545j:plain

※背景に映りこんでいるのは全く別のプラモデルのエッチングパーツです。

 

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206153734j:plain

電飾パーツを組み立てて、接着剤で固定します。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206153808j:plain

乾いたら組み立てて、発光テストを実施します。
写真では省いてますが、接着剤でLEDを固定する前にLED単品での発光テストもしていますよ(接着してから光らない!となるとメンドイので)。

 

というわけで、今回の行程はこれで終わり。

一応次回の行程の組み立て説明書も公開されているので、ちらっと見ましたが、いよいよ円盤部のフレームに外壁を取り付けていく工程になるようです。

仮置きで置いてみたらこんな感じ。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220206154021j:plain

来月も楽しみです。
今回やたらと畳の上にパーツを置いてますが、現在並行して作成している74式戦車のパーツで机が占領されているので、床で作りました、はい。
そっちのレポートも牛歩で奨めていくのでよろしくです。

www.colonel-zubrowka.com

 

以上、月刊ディアゴスティーニのUSSエンタープライズDを作ろうでした。
改めてブログのタイトルと扱っている中身が合ってない…

 

私のプラモ製作を応援して下さる方はこのバナーをクリック応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村