へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録と、その後の生活日記

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

USSエンタープライズDを作ろう~2022年1月号(第4号)

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20211011222041p:plain

ディアゴスティーニのUSSエンタープライズDを作るシリーズの第四号が届きました。

前回までは…

www.colonel-zubrowka.com

 

 

開封

2022年1月号が届きましたので、早速開封です。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110221050j:plain

ディアゴスティーニの新作の広告が入ってました。

気を取り直して中身を確認。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110221144j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110221205j:plain

今回もA4サイズの段ボール箱でした。

さて、今回も早速製作にかかっていきます。

 

ドーサルネック部の窓照明取付

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110222359j:plain

ドーサルネック部の艦尾側の窓の電飾を進めていきます。
円盤部とは違い、窓一つ一つに透明パーツと黒いパーツを填めるわけではなく、予め塗り分けられたクリアパーツを填める様です。この窓細かいから正直助かりました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110222555j:plain

照明パーツにLEDライトを仕込んでいきます。パーツはゆるゆるなので接着剤で固定します。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110222647j:plain

接着剤が乾いたら、船体パーツにはめてネジ止めしていきます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110222734j:plain

配線が絡まない様にうまく処理しつつ取付を行います。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110222822j:plain

点灯テストです。ちゃんと光ってますね。

裏側はこんな感じです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110222904j:plain

 

メイン・インパルス・エンジンの組み立て

第二船体にある通常エンジンを組み立てます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225159j:plain

通常エンジン

上記の写真の部分ですね。
通常エンジンは重水素をプラズマ変換して後方に噴出することで推進力を得るという、現代のロケットエンジンと基本的な原理が一緒の噴射式推進システムですね。

さて、早速パーツを組み立てていきましょう。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225239j:plain

まずは赤いクリアパーツを船体に取り付けます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225314j:plain

発光基盤を固定器具に組み付けます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225347j:plain

発光を拡散させるためのパーツっぽいですね。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225427j:plain

先ほどの赤いクリアパーツに組み込みます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225459j:plain

発光基盤をねじ止めで固定し完成です。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225528j:plain

発光テストをすると、綺麗に光っていますね。

 

円盤部のフレーム拡張

今回も円盤部のフレームが入っていたので、フレームを拡張していきます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225637j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225701j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225722j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20220110225742j:plain

というわけで、円盤部のフレームはここまでできました。
遂に来月号で残りのパーツが届くらしく、円盤部のフレームが一周することになります。

それにしても、この時点で大きいですね。そして、フレームだけで結構重量があるので、完成したら凄く重いモデルになりそうですね。

公式サイトを見たら、『全長:約700mm、全幅:約508mm、全高:約154.6mm、重量:約7.8kg』だそうです。64式小銃よりも少し重いくらいですね。

 

今回もあっという間に完成してしまったので、また来月号を楽しみに待ちます。

 

私のプラモ製作を応援して下さる方はこのバナーをクリック応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村