へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録と、その後の生活日記

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

年末調整で住宅ローン控除手続きをする

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104225302p:plain

2021年も気が付けば11月です。
気が付けば新築から1年経とうとしています。

さて、多くの人は住宅ローンを利用して家を建てると思いますが、住宅ローンを組むと特定の要件を満たすと所得税の控除を受けることができます。

www.nta.go.jp

 

我が家も昨年、控除申請を行うために確定申告を行いました。

www.colonel-zubrowka.com

 

マイナンバーカードとe-taxを使って、全部自宅で確定申告を実施したのですが(最終的には諸々書類を税務署に送るとはいえ)、税務署に行って並ぶ必要もないのでなかなか便利でした。

この住宅ローン控除ですが、最初の年こそ確定申告を実施する必要があるのですが、2年目からは会社で行う年末調整でまとめて手続きができます。

 

今回は、e-taxで住宅ローン控除の確定申告を行った場合の年末調整手続きをご紹介します。

 

 

住宅ローン控除等申告書を用意する

年末調整で控除申請をするのに必須なのは、「住宅ローン控除等申告書」という書類です。

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104231317p:plain

こちらですが、通常ですと税務署から郵送で10年分(特例で13年となっている人は13年分)が送られてきて、こちらに記載して年末調整に出します。これ、10年ないし13年間なくさないように保管する必要があります(なくしても再発行はできますが…)。

マイナンバーカードを使ってe-taxで最初の確定申告を行った場合は少しだけ勝手が違います。

 

e-taxで住宅ローン控除等申告書をダウンロードする

マイナポータルで通知を確認する

マイナンバーカードを使ってe-taxで確定申告をしていた場合、翌年の11月頃にマイナポータルに通知が届きます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104231823p:plain

住宅借入金等特別控除証明書について」ということで、早速開いてみると…

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104232127p:plain

証明書がxmlファイルで配布されます。
まずはこれをダウンロードしてしまいましょう。

 

e-taxで証明書を作成する

マイナポータルでダウンロードした証明書のxmlファイルは、それだけでは何の役にも立ちません。

次はe-taxの以下のURLにアクセスします。

www.e-tax.nta.go.jp

 

ここにアクセスし、必要なソフトウェアをインストールした後に実際に証明書を作成します。

「QRコード付き証明書作成システムを利用する」ボタンをクリックします。

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104232509p:plain

 

「はじめに」画面が出ますので、そのまま「次へ」をクリック。

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104232607p:plain

先ほどマイナポータルからダウンロードしたxmlファイルを選択して読み込みます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104232659p:plain

 

ファイルが壊れていたりしなければ、以下のように正常である旨メッセージが出ます。

そのまま次へをクリック。

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104232949p:plain

 

先ほど取り込んだ証明書が表示されるので、「表示・印刷」ボタンをクリックしましょう。

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104233051p:plain

 

取り込んだ帳票を出力できるので、「はい」を選びます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104233236p:plain

 

PDFファイルとしてQRコード付き証明書が表示されますので、データとしても保存しつつ印刷しましょう。

f:id:Colonel_Zubrowka:20211104233332p:plain

この証明書に、住宅ローン会社から届いた年末残高の金額等を記載して、年末調整書類として提出すればOKです。

 

具体的な書き方は以下のサイトなんかが解り易かったです。

media.yayoi-kk.co.jp

 

まとめ

上記の通り、e-taxで最初の確定申告を済ませておくと、一気に10年ないし13年分の証明書が税務署から届いて、毎年その証明書を一枚づつ取り出して…ということをやらなくても、オンラインから印刷ができるので、紛失した場合に税務署に再発行を申請するという手間もなく、なかなか便利になっています。

というわけで、今回は年末調整で住宅ローン控除手続きについてでした。

 

当ブログを応援いただける方は以下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村