へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録と、その後の生活日記

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

全国一宮神社巡拝

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20210711185629p:plain

はじめてのバイク旅で、伊勢神宮と熊野三山を巡拝してきて私はすっかり神社の美しさを知りました。

はじめてのバイク旅に関しては以下の記事をご覧ください。

www.colonel-zubrowka.com

www.colonel-zubrowka.com

 

あの旅から戻り、色々と神社の歴史を調べてみることにしまして、色々な文献をあたってみることにしました。
そして、一つの出会い…その後の私の人生のライフワークとなる出会いがありました。

 

一の宮神社

一宮神社とは?

日本がまだ律令制だった平安時代に、延喜式神名帳で全国の神社が登録されたが、後のそれが神社の社格とされるようになったそうです。
その社格の中でも、律令制時代に全国に赴任する国司が任国内の諸社に神拝する決まりがあった中で、参拝する順番(社格が高い神社から順に参拝する決まり)のトップが一の宮神社と呼ばれるようになったそうです(諸説あり)。

明治以前まで、日本は現在の47都道府県という行政区分ではなく、令制国と呼ばれる行政区分で分けられていました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210711191916g:plain

出典:wikiwikiyarou - revised from file:Ancient_Japan_provinces_map.jpg in Wikimedia Commons, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1383349による

見覚えのある地名も多いのではないでしょうか?

これらの行政区分(領国)に対してそれぞれ国司がおり、この国の単位ごとに一の宮神社が定められていたと言われています。

 

全国一の宮巡拝会

この一の宮神社、上記の通り最低でも68か所はあるわけでして、歴史的経緯から必ずしも一国一神社という訳でもなく…と、なかなかな数になるわけです。

全国の一の宮神社すべてを参拝しようという人も中にはいて(江戸時代には既に居た)、現代ではそんな流れを汲む『一の宮巡拝会』なる組織があります。

ichinomiya-junpai.jp

こんな地図を配布してくれていたりします。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210711200357p:plain

全国一の宮神社マップ

私はこの会の存在を、たまたま参拝に訪れた神社で知りました。
この全国一の宮神社を巡拝し、参拝の証に御朱印を戴き、すべて巡拝完了すると証明書が貰えるということで、面白そう!と思いました。

折角バイクで旅に出る楽しさを知ったのだから、この一の宮神社巡拝を目的に全国走り回るのは楽しそうだ!ということで、私はこの一の宮神社巡拝を始めることにしました。

 

専用御朱印帳

全国の一の宮神社を回って参拝して、御朱印を戴く。
これをやるためには、普通の御朱印帳でもいいのですが、専用の御朱印帳というものも用意されています。

私は以下のサイトで購入して始めました(アフィリエイトリンクじゃないよ)。

ichinomiya.gr.jp

 

また、旅の計画を立てるにも神社の細かい場所などの情報や、その神社の歴史的経緯なども含めて色々と知りたいと思い、以下の様な本を買いました(これはアフェリエイトリンクだよ!)。

 

まとまった休みが取れた時の旅や、出張なんかで近くに行く際には足を延ばすなど、出かけるときの楽しみができました。

 

なお、2012年に開始した私の、2021年7月現在の制覇率は以下の通りです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210711201557p:plain

一の宮神社制覇状況

こちらの図ですが、以下の様な塗りつぶしサイトがありまして、なかなか便利なんですよ。

kum.dyndns.org

↑余談ですが、このサイトの日本百名城版もあります。

 

まとめ

以上、つらつらと書いてきましたが、2012年から私は車やバイクで全国を走り回りこんなことを始めた訳です。

今後は、この全国制覇のための道筋の記録もこのブログにしたためていこうと思います。
ここまで制覇してきた記録も含めて。

興味のある人は手を出してみても良いかもしれません。
まあ、沼ですがね!

 

当ブログを応援いただける方は以下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村