へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録と、その後の生活日記

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

はじめてのアメリカ~最終日はディズニーだ!

スポンサーリンク

前回までのはじめてのアメリカは…

www.colonel-zubrowka.com

マイクロソフト様のご招待でユニバーサルスタジオ貸し切りを楽しみ、ハーマイオニーにメロメロになったというお話をしました(してない)。

さて、今回は最終日となった11月8日のお話です。

 

この日はマイクロソフトのセミナー最終日でしたが、めぼしいセッションもないのでアメリカらしいところを見に行こう!ということで、ウォルマートに行きました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604192050j:plain

ウォルマート

日本の地方都市にあるイオンみたいな広さの駐車場と店舗ですね。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604192141j:plain

売ってるものは何もかもアメリカンサイズで、スーパーマーケット機能とホームセンター機能が合わさっている感じでしたね。
ちょっとした家電も買えます。

 

そこから移動し、おっさん4人だったのでとあるお店に行ってみることにしました。
流石に写真は撮れなかったのですがこんなお店です↓。

twinpeaksrestaurant.com日本でも一時期話題になったフーターズみたいなお店ですね。日本には上陸していないお店ですが、なかなか面白かったです。
チップをはずむとあからさまにニコニコするのが良かったですね。

 

その後車でディズニーワールドへ移動します。
道中、これもまたアメリカらしい光景を。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604194100j:plain

見事に捕まっていますねぇ。
ちなみに、アメリカの道路は幹線道路であれば制限速度が市街地などでなければ65マイル制限とか50マイル制限とか、日本の様に一様に一般道60キロ制限というルールではなく、合理的にメリハリのある制限速度設定になっており、走っている車の多くも制限速度をきちんと守って走っています。
日本の様に+10キロなら捕まらないということもないようで、こんな感じであっさり捕まるようです。

ついでに道中で見かけたフロリダの集合住宅。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604194351j:plain


さて、車で30分かからない位走るとディズニーワールドに到着します。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604192632j:plain

今回は東京ディズニーランドのモデルとなったMagic Kingdomです。
数日前に訪れたのはハリウッドスタジオでした。

相変わらず駐車場は非常に広大でして、番号をきちんとメモっておかないと車をどこに停めたのかわからなくなります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604194538j:plain

また、パーク間の移動には船やらロープウェイやらモノレールに乗って移動します。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604194625j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604194734j:plain

日本のディズニーリゾートラインの様なミッキー型の窓とかはありません。

さて、パーク入り口で持ち物検査を受けた後にはこんな光景が広がっています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604194852j:plain

丁度パレードが始まる前だったので、スタッフが道を封鎖していました(そしてサングラスのいかついスタッフ)

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604195005j:plain

東京ディズニーランドのモデルとなったというのがよくわかるシンデレラ城です。ただ、東京の方がもう少し大きいようですね。
以前ツイッターで東京のシンデレラ城の登記簿謄本が話題になったことがありました。

withnews.jp


さて、早速アトラクションです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604200043j:plain

アドベンチャーワールドにやってきました。そう、目指すは…

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604212321j:plain

大雷山!
基本的に東京とほぼ一緒でしたね~

他にも色々アトラクションを楽しみつつ、パークを見て回りました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604212429j:plain

ん?!

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604212505j:plain

ワニや蛇がいるから注意しろって!?

そういえば昔こんな事件が…

www.afpbb.com

ワイルドすぎるな…
気を取り直して色々見て回ります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604212731j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604212746j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604212809j:plain

さてさて、アメリカにもありましたよ!スペースマウンテンが!

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604212844j:plain

東京と違ってボブスレーみたいに一列タンデムなんですね。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604212940j:plain

夜の帳が訪れるころに、撤収しました。
若いころの様に最後まで遊ぶ元気はなかったですね。

翌朝はオーランド発の飛行機が早朝のため、5時にホテルロビーに集合しました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604213101j:plain

このシボレーともお別れです。
アメリカでの運転はなかなか楽しかったですね。なんだかんだ1000キロ以上走りました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604213223j:plain

オーランド空港からニューヨークはJFK空港でトランジットし、羽田空港行きに乗ります。
オーランドからJFKまではJetBlueという航空会社の便に乗ります。
機中では機長が「今日は赤ちゃんのお客さんが多いから、今日の便はJetBlueじゃなくてBabyBlueだったぜHAHAHA」と軽快なジョークを飛ばしていましたね。

さて、3時間ほどのフライトでJFKに到着しました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604213641j:plain

ニューヨークですね!

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604213721j:plain

遥か彼方にマンハッタンが見えますね。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604213747j:plain

TWAのターミナルビルの跡地も残っていました。今思えば見学に行けばよかったなぁ…
なお、出国手続きは入国手続きと違ってかなりスルーパスでしたね。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604213859j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604213903j:plain

ターミナル間の移動にはこのトラムに乗ります。
鐡道は割と好きなのですが、アメリカではオーランド空港のトラムと、ディズニーのモノレールにしか乗れませんでしたねぇ…

国際線のJALカウンターに到着。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604214008j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604214026j:plain

星条旗がどーんと掲げられていました。この辺もイメージ通りの「ザ・アメリカ!」ですね。

さて、ここで一つ問題が発生しました。
JALに搭乗手続きをしようとしたところ、私の手荷物が問題になったのです。

そう、ディズニーで買ってきたライトセーバーです…
オーランドからJFKまでは何も言われずスルーパスだったのに、まさかのJAL様に「こ、これは…機内へは持ち込みは…」と。

おい、アメリカ運輸保安庁を見習ってくれよ!

www.danshihack.com

というわけで、個別梱包されて預け入れという形に落ち着きました。
JALスタッフ「この中身はなんですか?」
私「ライトセーバーです。」
JALスタッフ「???」
私「ジェダイ・ナイトの武器です」
JALスタッフ「え?武器…?」

戸惑うJALスタッフに、現地アメリカ人のスタッフが「おもちゃだよ」と言ってくれて、何とか日本に持ち帰ることができることになりました。

で、こんな風になりました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604214815j:plain

そんなトラブルもありましたが、何とか飛行機に乗って東海岸から東京羽田までひとっとびです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210604214931j:plain

日曜日の夕方に日本に到着。現地時間の土曜日早朝に出発して、日本時間の日曜日夕方到着。時差ボケがひどかったですね。

というわけで、無事に日本に帰ってきました。
これで私のはじめてのアメリカは完結です。

やっとこのシリーズを終わらせられた…

今後は過去に行ったバイク旅とかのお話を書いていこうかと思います。
ではでは、また次の旅日記をお楽しみに。