へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

61式戦車製作記~ウェザリング塗装編

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302194053p:plain

前回までの工程は、基本塗装でした。

www.colonel-zubrowka.com

 

今回は戦車模型の見せ場であるウェザリング塗装を行います。
人生初のウェザリング塗装、うまくいくかな?

 

はじめてのウェザリング塗装

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302190407j:plain

そういえば写真を撮り忘れていましたが、墨入れを行いモールドの際立たせを事前に行いました。
そのうえで、とりあえず転輪をシャシーに取付。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302190533j:plain

まずはシャシーの裏側(どうせ展示したら裏側なんて見られない)に塗装してみることにしました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302190644j:plain

ウェザリングペースト

とりあえず買ってみたのは以上の商品。
GSIクレオスさんから出ているウェザリング塗装専用のペースト状の塗料です。 

まずは、WP02に白い方を塗っていきます。といってもそのまま塗っては乾いた泥感が出ないので、薄め溶剤でシャバシャバにします。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302191050j:plain

そこから一気に塗りたくります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302192336j:plain

おお、最近の塗料は凄い。そのまんま乾いた泥感が出てきましたね。
演習の後、泣きながら戦車の泥落としをやった記憶を辿りながら、どんなとこに泥がつくかを思い出しつつ塗っていきます。
履帯の上に来る部分にもしっかりと塗ります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302192419j:plain

一通り塗ったら、今度は履帯を取り付けます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302192533j:plain

履帯は付属のゴムの奴を採用しました。次作る戦車はモデルカステンの履帯にしようと思います。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302192913j:plain

とりあえずドライブラシ技法を使って、乾いた泥を表現してみました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302193049j:plain

砲塔も取り付け、一応形になりましたね。
自衛隊の戦車らしからぬ汚さですが、一般客に見せる前に洗車をするのでこんな汚い姿は演習に参加した自衛隊員くらいしか見慣れていないかもしれません。
 
さて、これはウェザリング塗装の第一弾。
乾いた白い泥を表現しただけなので、まだウェットなうんこ色茶色の泥を表現する必要があります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302193603j:plain

履帯の縁やら転輪の縁にまだ新しい泥表現をして行きます。
今回はペーストを薄めず、そのままドバドバと塗りたくっていきます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302193749j:plain

車体にも泥が跳ねるので、昔の記憶を辿りながら泥を跳ね付けていきます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210302193910j:plain

こんな感じで車体後方も汚しました。
いや~こんな汚い自衛隊戦車なんてなかなか見ないですよね。でも、これが演習場での本当の姿です。
 
という訳で、今回はウェザリング塗装を行いましたが…
正直汚し過ぎと思いました(笑)
下地塗装した意味なくね?ってくらいに汚くなりました。
しかし、初めての割にはそれっぽく仕上がったのではないでしょうか?
 
次回は完成披露会と行きたいと思います。
 
私のプラモ製作を応援して下さる方はこのバナーをクリック応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村