へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

Web内覧会~寝室編

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20210224155902p:plain

我が家のWeb内覧会も一応今回が最終回となります。
まあ、今後何らかの改造を行ったら更新版Web内覧会も随時実施してきたいと思いますが、とりあえずは一旦完結編!

今までのWeb内覧会は以下のカテゴリでまとめてますよ!

www.colonel-zubrowka.com

今回は寝室編です!

 

プライベートゾーン

f:id:Colonel_Zubrowka:20210224160359p:plain

2階平面図

我が家は3階リビングなので、パブリックエリアは1階玄関から2階廊下を通って3階LDKへとつながっています。
そんな中でも2階にはプライベートエリアとして寝室と私の書斎及びウォークインクローゼット(WIC)が位置しています。

トイレとランドリールーム及びバスルームは半プライベートエリアとして、客が泊まりに来た時には解放されるスペースではあります。

今回は寝室とWICと書斎のWeb内覧会となります。

 

寝室

f:id:Colonel_Zubrowka:20210224160809j:plain

引き渡し直後の寝室

f:id:Colonel_Zubrowka:20210224160814j:plain

引き渡し直後の寝室

我が家の寝室は寝るためだけの部屋ということで、最低限ダブルベッドが置ければよいということで4.5畳というギリギリのサイズとしています。
人によってはベッドサイドにナイトテーブルなんかを置いて、寝る前のティータイムとか色々やりたい人もいるでしょうが、我が家はそういう習慣もないので完全に割り切っています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210224161310j:plain

ベッドを置くとこんな感じになります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210224161352j:plain

窓側が妻、手前側が私の占有域となります。
それぞれにナイトテーブルがベッドサイドに用意されており、携帯の充電器などを置いています。
妻側には壁にニッチ棚を付けており、妻の占有棚となっています。

部屋全体を本来アクセントクロスであるグレーのクロスにし、ベッドの頭側にアクセントクロスとして青いクロスを配しています。

妻がどうしても青いクロスを使いたいということで、色々検討した結果ブルックリンスタイルに近いイメージで、全体的に落ち着いたトーンでまとめてみました。

フローリングは突板のダークユーカリを採用しています。コアラは飼っていません。

 

夜の雰囲気はこんな感じです(昼間だけど)。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210224161734j:plain

ベッドは新居に入居するにあたって新たに購入しました。

www.idc-otsuka.jp

ベッド下に引き出し収納があり、ロボット掃除機がベッド下を走れるスペースがあるというタイプです。

 

ナイトテーブル

f:id:Colonel_Zubrowka:20210224161809j:plain

これは私のナイトテーブルです。

寝る前に本を読んだりするので本を置いたり、Kindleを置いたりしています。
また、読書灯としてランタン型のLEDライトを置いています。

妻側にも同じナイトテーブルがあります。

 

こちらも大塚家具で購入しました。

www.idc-otsuka.jp

 

照明

寝室の照明はシーリングとダウンの二系ととなっていて、ダウンライトはベッドの足元側の壁を照らすように配置しており、必要な時だけ照らします。
今のところ必要な時はほとんどないのですが、そのうち絵を飾るのできっと活躍するはずです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210224162520j:plain

壁側ダウン

メインのシーリングですが、本当は妻はガレっぽいアールヌーヴォー調のモノを望んでいたのですが、部屋の雰囲気に合わんだろうということで、シンプルな球体となりました。

はい、ヤマギワの『MAYUHANA』です。

MAYUHANA

MAYUHANA

shopping.yamagiwa.co.jp

光源が直接見えず、柔らかい光なのでベッドルームに意外に合っていました。

 

壁紙

壁紙はメインはグレーのクロスで、アクセントに青いクロスを採用しています。

まず、メインのグレーのクロスですがこれはヘーベルハウス標準ラインナップからチョイスしています。

クロス型番は『A1314RX』です。本来はアクセントクロス用のクロスですが、こいつをメインクロスにするという暴挙に出ました。

A1314RX

A1314RX

そして、アクセントクロスである青いクロスは、サンゲツから『TH30743』をチョイスしました。

www.sangetsu.co.jp

この壁紙、よく見ると和紙の様な文様が入っているんです。

TH30743

TH30743

※写真で窓際が濡れているのは結露ではなく、施工時に撮影した写真なのでクロス糊を拭きとる濡れタオルで付いた水分です

 

ロールスクリーン

ロールスクリーン

寝室のカーテンはロールスクリーンとしました。
どこのなんてメーカーの奴かは忘れました。

数珠みたいなチェーンを引っ張ると…

こんな感じでスリットが開きます。全部巻き上げて窓を露出することもできます。
金属ブラインドと違って掃除も楽だしということで、こいつを選びました(妻が)。

 

WIC

夫婦二人だけなので、ウォークインクローゼットを一か所にまとめて衣類関係はそこに集約しました。

引き渡し直後のWIC

空っぽだったところがこんな風になりました。

このメタルスライムはティッシュボックスです。
ほぼほぼ旧居で使っていた衣装ケースをそのまま持ってきた感じですね。
事前にある程度計算してWICの広さを決めたのですが計算通り納まりました。

 

書斎

最後は私の書斎です。

寝室につながったスペースを私の書斎スペースとしました。

書斎スペース

私の書斎スペースは、地下室とか倉庫の一角をイメージしてみました。

デスクは造作で作ってもらいまして、後はDIYで諸々取り付けました。

デスク

袖机として以下の製品を購入しました。

デスクサイドにこんな棚を取り付けました。下地補強前面に入れたので打ち付け放題です。

こちらはこの商品。

 

PCはまさかの壁付けw

こちらはこの商品です。

ただ、このL字金物だと重さに耐えられなかったので、補強で以下の金物を追加しています。

照明

デスク照明はアンティーク調をチョイスしました。

OB255203LC

 


また、回廊には黒いダクトレールを配置し、エジソン球のペンダントライトを設置しました。

OP252614LC

こちらは以下の製品となります。



壁紙

壁紙はワインケース柄を採用しました。

FE-6233


www.sangetsu.co.jp

天井にはコンクリートっぽい柄ということで、同じくサンゲツの『TH30018』を採用しました。

www.sangetsu.co.jp

 

まとめ

以上で、我が家のWeb内覧会はいったん終了です。

いかがだったでしょうか?ヘーベルハウスでもこんな家ができるんだよという実例の一つとして、ヘーベルハウスを建てようと思っている方は参考にしていただければと思います。
Web内覧会は終わりましたが、引き続き実際にヘーベルハウスに住んでみてのレポートを含めてブログは継続していきますのでよろしくお願いいたします。

当ブログを応援いただける方は以下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村