へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

Web内覧会~キッチン編

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203190616p:plain

お待たせしました、我が家のWeb内覧会第三弾は前回の水回り編の続編ということで、キッチン編をお送りします。

実際に生活を始めて一か月経過後のキッチンを収納の中身まで公開します。

我が家のWeb内覧会はここまで徹底します。個人情報とわいせつ物以外は基本マスク無しです(笑)

早速いってまいりましょう。

 

Web内覧会キッチン編

キッチンの基本スペック

我が家のキッチンはヘーベルハウスの標準キッチンの中でもHシリーズからLIXILをチョイス。

以前にも触れたことがあるかもしれませんが、ヘーベルハウスの設備はH、S、FそしてMというシリーズでクラス分けがされていて、Hが一番ハイグレードです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203192854j:plain

ヘーベルハウスのキッチンチョイスポータル

我が家はハイグレードだぜ~とマウントを取るつもりはないのですが、このHシリーズは2021年2月現在、LIXILとトクラスとヘーベルハウスオリジナル(中身は永大)がラインナップに入っています。クリナップはFシリーズとなります。

キッチンを選んだ時のお話はこちらを参照してください。

www.colonel-zubrowka.com

この時はトクラスを選んだんですよ。その後インテリア打ち合わせの中で「やっぱリクシルが良くね?」という話になり、リクシルに変更しています。ただ、その時の話をブログに書いた覚えがないので、どういう経緯を辿ってそうなったのかは不明です。

確か妻が、「シンクの中が人造大理石は嫌だ、ステンレスが良い!」と言い出したのと、室内の壁紙と合う柄のトクラスキッチンがないからとかそんな理由だったような…

ブログに書くって、実は過去にどういう打ち合わせをしてどういう経緯で決まったかを思い出すツールとして意外と優秀でした。だって、書いてないことは思い出せないし、ブログ内検索をして調べたら、「ああ、あの時こんな経緯で変わったのか…」と思い出せますので。これから家を建てる人はブログとまで言わないまでも、家造り日記を書くことをお勧めします。

 

前置きが長くなりましたが、我が家のキッチンはLIXILのリシェルSIのヘーベルハウス・エディションです。

www.lixil.co.jp

リシェルSIの中で一部の設備が標準扱いとなっていて、リシェルSIで選べるすべてが標準ではなく、ヘーベルハウス・エディションの範囲外になると追加オプション扱いになるってやつですね。

我が家がつけた追加オプションは特になくて、タッチレス水栓はキャンペーンで勝手につけてくれたのでオプション費用としてはタダでした。

というわけで、まずはキッチンの全景です。

引き渡し直後の未使用状態です。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210105194344j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203221718j:plain

さて、このキッチンは1ヵ月後どうなったか?

 

キッチンユニット

これが我が家の現在のキッチンの姿です。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203221835j:plain

キッチン全景

シンク周りは妻の希望通りステンレスシンクを採用し、天板は人造大理石となっています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203221925j:plain

キッチンシンク

蛇口はタッチレス水栓がおまけでついてきました。

www.lixil.co.jp

センサー式の水栓ってたまに反応しなかったり、反応が鈍かったりするので好きじゃなかったのですが、使ってみると意外とそんなこともなく便利です。

手をかざすと水が出て、もう一度手をかざすと水が止まるタッチレス水栓と、センサー式水栓が一体化しており、このセンサー式については任意でONとOFFが切り替えられるので便利です。

 

レンジ回り

我が家の主な料理担当は私です。

私はIHヒーターが大嫌いなので、ガスレンジ一択でした。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203222354j:plain

リンナイガスレンジ

炎の料理人の必須アイテム北京鍋

最近のガスレンジはとても掃除がしやすいガラストップで、以前の賃貸の時と違ってガスレンジ掃除が手軽にできるので、料理の度に拭き掃除をしています(賃貸時代のガスレンジは分解清掃しないとならなかった…)。

奥にある排気口には、以下の製品を採用して油跳ねを防止しています。

こちらの製品は、同じくヘーベルハウスブロガーのるんばーさんからパクりました。

ameblo.jp

賃貸時代にはなかったこの魚焼きグリルがついたのは地味に便利です。いままでずっと魚を焼くときはオーブントースターを使っていたのですが、トースターは匂いが籠り使用後はしばらく魚くさかったので…

私、魚を捌くのが好きなので、今後も大活躍間違いなしです。

また、掃除もしやすいので大変満足しています(妻がたまにお惣菜のコロッケをグリルで温めて掃除をしないまま放っておくので、私がプンスカするパターンも多いですが)。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203223253j:plain

火の神様

レンジフードの上に丁度良いスペースがあるので竈の神のお札を祭っています。そうすると、定期的にここの掃除もするので一石二鳥。

 

吊戸棚

キッチン上には吊戸棚収納がついています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203223450j:plain

吊戸棚収納

高い位置にあるので普段使いするものではなく、時折使うものをメインに収納しています。

中身を公開しましょう。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203223549j:plain

吊戸棚収納中身

左側の段はお茶葉とかコーヒー豆なんかを入れています。

中央の大きな棚はカセットコンロやらフォンデュセットやらホットプレートを入れています。ホットプレートなんて年に何回使うんだ…

なお、このホットプレートは新居用の家電を買うどさくさに紛れてついでに買いました。何気にタコ焼き機もついているので、たこ焼きを作るのが楽しみです。

 

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203223732j:plain

一番右側の段は重箱と本物の桶(桶職人の手作り)と、パスタポットを置いています。

このパスタポットはツヴィリング社製です。以前使っていたポットが壊れたので新居への引越しを機にこちらを購入しました(アマゾンで)。

このツヴィリング社製の製品は個人的に気に入っていて、包丁もこの会社のものを使っています。 

 

シンク下収納

リクシルリシェルの収納は評判が良いとのことでしたが、実際に使ってみると確かに使いやすいです。

まずシンク下収納です。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203224350j:plain

シンク下収納引き出し

手前に斜めに開くので、物の取り出しがしやすいです。

引き出しの床面がステンレスなので、掃除もしやすいというメリットがあります。

我が家はこんな感じで収納しています。

 

この大型の引き出しの下には薄い引き出しがあります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203224543j:plain

シンク下最低部引き出し

ここは一番下ということもあり、予備洗剤やらサランラップやらゴミ袋と言ったストック品を入れておくスペースにしています。
引き渡し時に貰ったジップロックとかは大体この辺に詰め込まれています。

 

食洗器

食洗器はリンナイ製のビルトインの標準型です。深型にしたかったのですが、「どうせ夫婦二人なんだから別にいいじゃん」という妻の言葉で標準型になりました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203224835j:plain

リンナイ食洗器

rinnai.jp

中身はこんな感じです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203225547j:plain

食洗器中身

これ、慣れるまでなかなか難しいですね。食洗器の中で水が流れる方向とかを考えてきちんと配置しないと全然汚れが取れていない部分ができたりします。

ガスレンジ回り収納

ガスレンジの周辺にも収納があります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203225728j:plain

引き出し薄型収納

生活感が溢れる感じですが、計量スプーンやらマッシャーやらピーラーやらをここに詰め込んでいます。

何故たわしがここにあるのか、それは妻に聞いてみないとわかりません。

この引き出しの下には深型の引き出し収納があります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203225901j:plain

ここにはサラダ油やら味醂やら醤油やらの長物を入れています。

ここに入れていた料理用の白ワインがいつの間にかなくなっているなと思ったら妻が飲んでいました。

 

ガスレンジ下には大型の引き出し収納があります。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203225855j:plainここには鍋系を集中して置いています。

ここもステンレス底板なので、掃除がしやすいのが良いですね。

 

カップボード

我が家のキッチンは、北側斜線制限のため斜め天井になっているので、リクシルのカップボードが入りませんでした。正確にはハーフサイズしか入らないのですが、ハーフサイズの収納力が微妙だったので、カップボードについては大塚家具でセミオーダーで作ってもらうことにしました。

お願いしたのは綾野製作所のカップボードです。

www.ayano-craft.co.jp

綾野製作所カップボード

綾野製作所カップボード

高さを標準より高くすることで、通常だと3段のところを4段にしてもらっています。

また、ゴミ箱収納スペースも作ってもらっています。

 

ゴミ箱収納

ゴミ箱収納スペース

ゴミ箱を引き出した

ゴミ箱が普段は引き込んでいるので、キッチンが綺麗に見えるのが良いですね。

 

引き出し

引き出しは底板が家具量販店物と違いしっかりとしているのが解ります。多少重いお皿を載せてもびくともせず、引き出しレールもスムーズに動きます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203231456j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203231504j:plain

f:id:Colonel_Zubrowka:20210203231519j:plain

 

キッチン床

キッチン床はタイルとしました。これは、私が中華料理なんかを作るので油跳ねが割とよくあるため、掃除のしやすさからタイルを選びました。

床タイル

色は敢えての黒とすることで、比較的ナチュラルテイストなキッチンパネルとは対照的ですが、その分床が引き締まって見えます。

 

その他家電

主に持ち込み家電ですが、一応紹介しておきます。

まずは冷蔵庫、これは旧居から持ち込んでいます。三菱製です。

三菱製冷蔵庫

このビビッドな赤が気に入って買いました。かれこれ10年選手になろうとしていますね。壊れたら同じ色の奴を探したいです。

 

東芝の石窯スチーム

オーブンレンジは東芝勤めの友人が「新しいの買うから古いのあげる」と言ってくれた奴です。基本的にオーブンレンジで調理ってオーブン機能か電子レンジしか使わないので宝の持ち腐れですね…最近これで焼き魚を焼けることを知りました(笑)

炊飯ジャー

お隣はこれまた三菱の真っ赤な炊飯ジャーです。これも旧居から持ち込みとなります。

黒い床と赤い家電。実は我が家の外観と同じ組み合わせなんですよ。

www.colonel-zubrowka.com

 

意外に料理に便利なブレンダーも旧居から持ち込み品です。

ブレンダー

こちらは象印製ですね。確かこれも友人が新型買ったのであげるということで貰いました。ビシソワーズとか作るときに便利なんですよね。

 

お次はホームベーカリーです。

ホームベーカリー

これは新居に移るにあたって購入しました。

[rakuten:yamada-denki:10427688:detail]

ほぼ毎日のようにパンを焼いています。これ意外と便利ですねぇ。

そして、最近のホームベーカリーはとても静かなので、練っている音がほとんど聞こえません。

 

最後はコーヒーメーカーです。

ディロンギコーヒーメーカー

こちらはディロンギのMagnificaSエスプレッソマシンです。

これも新居に移るにあたって購入しました。夫婦共にコーヒー好きなのですが、豆を挽くほど凝っているわけではないので、そこは機械にお任せというね。

毎朝挽きたてコーヒーが飲めるのでお気に入りです。

 

キッチン編まとめ

我が家のキッチンの内覧会でした。敢えて生活感溢れる状態をそのままご紹介しました。

キッチン自体はそこまで凝ったわけではないので、まあこんなもんかと思ったと思いますが、こんなもんです(笑)

ただ、キッチンのスペースが広いので実に使いやすい点は気に入っています。

一応これで水回り系の内覧会は終わりとなります。

次回は和室あたりを予定しています。

 

今までの内覧会記事はこちら。

www.colonel-zubrowka.com

次回もお楽しみに!

当ブログを応援いただける方は以下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村