へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

Web内覧会~水回り編

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20210127190106p:plain

第一弾のWeb内覧会は、内覧会の癖に外観だけをやるという梯子を外した形になりましたが、今回からちゃんと室内の内覧会を実施します。

今回は水回り編ということで、キッチンを除く風呂、トイレ、ランドリールーム編となります。

実際に生活が始まって生活感が溢れる模様でお送りしたいと思います。

早速行ってまいりましょう。

 

 

我が家の水回り

水回りと言えば、風呂・トイレ・ランドリールーム・キッチンを指してサニタリールームなんて言われますね。

我が家はキッチン動線と水回りの家事動線が分離した生活スタイルをしているので、別フロアに位置します。

まあ、図面から…

この図面はマイホームデザイナーで私が自ら描いた図面です。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210127192020p:plain

我が家の2階の図面

我が家の家事動線は2階で基本的に完結しています。

洗濯物は基本的に室内干しですし、洗濯物を取り込んだ後はクローゼットにぶち込むので、本当はクローゼットと書斎の位置を逆にして洗濯室からクローゼットにダイレクトに入れる様にしようかとも思ったのですが、そうするとクローゼットの壁面積が減って収納力が減ってしまうので、廊下を経由したって大した距離でもないし、どうせ夫婦二人の洗濯物なんてたかが知れているということで、こんな間取りです。

トイレも、どうせ夫婦二人だけなんだからということで一つしか設置しませんでした。寝室に近い方が夜中トイレに行くのには便利なので、敢えてこのフロアに設置しています。

 

トイレ

我が家のトイレの全景です。

トイレのトータルコーディネートは妻の担当でした。

テーマは「森林浴」とのこと。引越し屋さんは「妖精さんが住んでいそう」と言っていました。おっさんからこんなワードが出てくるとは…(笑)

f:id:Colonel_Zubrowka:20210128170924j:plain

トイレ全景
便座

まず、トイレの便器はTOTO社製のウォシュレット一体型便器 GG1です。

タンクレストイレが流行る中、私は強硬に「タンク式だ!」と拘りました。

オフィスビルとかに入っている最新式のタンクレストイレは流した時の水流が弱くて、たまに一度で自分の分身が流れ切らないのが気に入らなかったので、タンクによる強い水流を求めた結果です。

そんな中、見た目がすっきりしたタンク式トイレがTOTOから出ているということでこのトイレをチョイスしました。

今のところ、一度で流れてくれています。

 

手洗いカウンター

手洗いカウンターは、トイレ使用後に手を洗うことを目的に付けました。

タンクの上についているタイプもあるのですが、あれって結構使い辛いし石鹸を使って手を洗うにしてもイマイチなので、敢えてカウンター式手洗い器を付けました。

型番は不明で、TOTOのホームページにも載っていなかったので、恐らく業者向けの専用モデルと思われます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210128172905j:plain

手洗い器

正直デザインには拘らず一番安いやつを選びました(笑)

使えりゃいいんだよ!ということで。

そういうわけで、紙巻き器とかはお洒落さとは程遠い感じです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210128173235j:plain

紙巻き器

そして、手洗い器の下は微妙な収納になっているので、私のおトイレ掃除グッズが入っています。トイレ掃除は私の専業です。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210128173335j:plain

手洗い器の下収納
トイレ収納

トイレにも替えのトイレットペーパーやらの収納が必要なので、壁付け収納を取り付けてもらいました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210128185526j:plain

トイレ収納

この中にはトイレットペーパーやら掃除用の使い捨てペーパータオルやらが入っていますが、特に注目するべきはトイレの神様…

f:id:Colonel_Zubrowka:20210128185645j:plain

トイレの神様

かつて、山口県までバイクツーリング旅行に行った際に立ち寄った、日本三大住吉神社の一社である長門国一之宮住吉神社のトイレの神様。こちらをお祀りしています。

トイレットペーパーが切れているので買い足さねば…

 

トイレの床と壁紙

トイレの床にはヘーベルハウス標準で選べるサニタリー用クッションフロアを採用しました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210128185920j:plain

トイレ用サニタリークッションフロア

つるつるの床が嫌いなので、表面がザラザラ系のクッションフロアです。

ヘーベルハウス標準の中からチョイスしています。

 

壁紙は妻の強い要望で薄緑色のこれまたヘーベルハウス標準の壁紙となっています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210128190053j:plain

トイレ壁紙

型番はイージークリーンA1522PGです。

 

ランドリールーム

お次はランドリールームです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131094753j:plain

ランドリールーム全景

洗濯物が干してあるあたりに生活感を感じませんか?これが現実です。

我が家のWeb内覧会は実際の生活を見せることをテーマとしています。この洗濯物の中に私のパンツもしれっと混じっています(笑)

 

このランドリールーム、床はタイルとしました。

水に濡れることを想定して、ランドリータイルだとどうしてもカビが生えたときに掃除が大変なので、水洗い水拭きたわしでゴシゴシできるタイルをチョイスしています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131095641j:plain

ランドリールームの床タイル

こちらもヘーベルハウス標準ラインナップから選べるのですが、LIXILのサーモタイル ソフライム IIをチョイスしています。

このタイル、意外と床がヒンヤリしなくて良いです!

 

洗濯機

洗濯機は新居に移るにあたって新規に購入しました。

日立のビートウォッシュBW-X120Eです。

スペース的にはドラム式だろうが何だろうがなんでも来いな設計にしてありますが、主に洗濯を担当している妻は「ドラム式の洗浄力は信用できないし、そもそも乾燥機は気を遣うから嫌だ」ということで、縦型洗濯機でも比較的安い当モデルを選びました。

 

洗濯機は床直置きスタイルです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131095557j:plain

洗濯機は直置き

洗濯機を置く際に、洗濯機の排水口をどうするかって意外と盲点だったりします。

パナソニックホームの施主であるあんぱんママさんの家では、これが大問題になったそうです。

anpan-mama.hatenablog.com

我が家についてですが、実にスマートな配管処理をしてもらっています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131101215j:plain

洗濯機排水溝

排水管は横から出して、隣の洗面台の下に設置した排水口へとつないでいます。

洗面台の引き出しを外して見るとこんな感じです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131101335j:plain

洗面台の下に排水口が納まっている

洗濯機の後ろ側も、給水ホースさえ端末処理をきちんとしたら壁にピッタリ付けられるようになっています(端末処理してないからホース分空けている)。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131101436j:plain

洗濯機背面

これ、地味に良いんですよね。余計な配管が見えず、隙間が少ないので掃除箇所も減る。

この納まり、営業氏が(ドヤ顔で)提案してくれたのですが、引き渡し時の内覧会で設計してくれた設計士に聞いたら「これ、私の設計です。営業氏は私の言ったことをさも自分の提案の様に言っているだけですが(笑)」との事でした。

営業氏と設計の間でしっかりコミュニケーションをとって、設計の提案をさも自分が提案したかのようにきちんと説明できるのも大事なことだなと思います(設計士もその辺わかった上で営業氏をからかうようにネタバラシしてました)。

当初は洗濯機パンを置くことを考えていたのですが、この方式を提案いただくまでこんな方法は思いつきませんでしたもの。

 

これから家を建てる人、洗濯機の配管処理でこんなやり方もあるよとパクっていいですよ!(笑)

 

洗面台

洗面台は、住友林業クレストの製品を選びました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131102010j:plain

住友林業クレストの洗面台

この製品、住友林業クレストのホームページに行っても見つけられず、型番が不明です。

この製品を選んだ理由は、天板の素材がつるつるしていないから!

私、つるつるした鏡面仕上げってあまり好きじゃないんですよね…TOTOとかLIXILのラインナップもあったのですが、唯一住友林業クレストの洗面台が人造大理石チックなアンチグレアな表面仕上げだったのでこちらを選びました。

 

天板と壁収納の間のスペースには、特注でガラスタイルを入れました。

これは妻の希望でどうしてもモザイク調のタイルをどこかに採用したいということで、ここに入れました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131102907j:plain

特注のガラスタイル

こちらは、以下の製品です。

実はそこまで高い特注(1万円しない位)じゃないので、ワンポイントに使うにはお勧めです。

 

洗面台の鏡は三つに分かれています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131103234j:plain

洗面台の鏡の中壁収納

右側は妻の占有領域、左側が私の占有領域、真ん中が共有領域です。

そこまで奥行きがあるわけではないのですが、写真に並んでいるようなグッズ程度であれば余裕で入りますね。

余談ですが、私の使っている香水(加齢臭を誤魔化す)はシャネルのエゴイスト・プラチナムです。

 

洗面台の右側は壁になっていて、ハンドタオルを掛けるようにしています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131103508j:plain

ハンドタオル掛け

実は、ここの壁だけ耐水仕様のボードにしています。

これは、住友林業で建てた先輩施主のもりっちさんのアイデアをパクりました。

www.moricchi.com

水はねが多い壁になるので、その水で壁紙がかびる心配があったので(私の実家もそうでした)ここはキッチンパネルと同じ防水パネルを特注で取り付けてもらった次第。

このパネルもへーベル標準の中から選びました。メーカー型番不明!

 

物干し

洗濯機横には天井からホスクリンを吊り下げて、物干しスペースとしています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131123035j:plain

物干しスペース

我が家は夫婦二人のDinksなので、そこまで洗濯物も多くないし、黄砂や花粉などを考えて外干しは基本的に賃貸時代からやっていませんでした。

それ故に、設計段階からこのような室内物干しスペースを想定していました。

最近では乾太君の様な乾燥機、ドラム式洗濯機なんかを使って干す時間を短縮するのが流行っていますが、私が形状記憶Yシャツをよく着用していたり、乾燥機NGの服なんかも割とあるので、面倒くさいからハンガーで干した方が取り込みも楽だから…という訳でこういう選択になっています。

 

ランドリー収納

以前の引き渡し直後内覧会でも触れていましたが、物干しスペースの横に半畳サイズの収納を付けました。

www.colonel-zubrowka.com

f:id:Colonel_Zubrowka:20210105193456j:plain

ランドリー収納(Before)

このランドリー収納は、こんな感じになりました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131123734j:plain

ランドリー収納(After)

替えのタオルやらペットのおしっこシートやら色々奥には便利なスペースです。

この棚はヘーベルハウス標準の造作棚で、高さを好きに変えられる奴です。

 

ランドリールームの照明

我が家は全体的に暖色系の照明しか使っていないのですが、ランドリールームだけ唯一白色LEDのダウンライトにしています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131131130j:plain

白色LEDのダウンライト

洗濯物とか化粧とか諸々することを考えると、ここだけは昼白色系がお勧めというインテリアさんのアドバイスに素直に従いました。

 

壁紙

ランドリールームの壁紙は、これまたヘーベルハウス標準の壁紙から白系を選びました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131131317j:plain

ランドリールームの壁紙

和紙っぽいデザインでして、こちら型番はA1332YRとなります。

この壁紙、他の部屋とかでも収納内壁紙とか天井とか使っています。

 

ユニットバス

ユニットバスはLIXILのアライズ(ヘーベルハウスのHグレードの中から選べる)をチョイスしました。

我が家のお風呂のテーマは「温泉旅館の内湯」です。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131124423j:plain

LIXILアライズ

本来、アライズシリーズはアクセントパネルは1枚だけなのですが…

特注をすれば4面全部アクセントパネルにできるということで、4面全部をアクセントパネルとして、全体的に暗い感じのお風呂にしました。

本当はスパージュが良かったのですが、へーベル標準ラインナップではないので業者向け値引きがあまり利かず高くなるということでやめておきました。

www.lixil.co.jp

 

ユニットのサイズ

LIXILのアライズはヘーベルハウスでは、1616、1618、1620から選べるのですが、どのサイズにしても浴槽の大きさは変わらず洗い場の面積が増えるだけということで、我が家では1618にしています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131130337j:plain

浴槽の中から

広いと掃除が大変と言いますが、どうせ掃除をするのは私なので、多少掃除面積が増えるよりも、ゆったり洗い場を使いたかったんですよね。

黒系の色も湯垢が目立つから掃除が大変と言いますが、どうせ掃除を以下(ry

 

ドアの開閉

浴室のドアはすりガラスの開き戸にしています。折り畳みドアも選べるのですが、以前賃貸で折りたたまれる部分が凄くかびて大変だったので、1枚開き戸を選びました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131125156j:plain

浴室ドア

浴室側にドアが開くようにしているので、浴室ドアにバスタオルを掛けておけばお風呂上りにドアを開けて、そこからそのままバスタオルを取って浴室内で身体を拭けるようにしています。

足回りは最近話題の珪藻土バスマットを使用していますが、使うときだけこのように浴室の外に出して、普段は浴室内に置いています。

採用した珪藻土バスマットはこちら。

 

浴室照明

我が家、朝風呂をしたり昼風呂をしたり、夜風呂をしたりと割と好きなタイミングでお風呂に入ります。

お風呂に窓がいるか要らないかというと、換気のためであれば(ハイターでも使わない限り)不要です。↓参考

verse-fujimonmon.ssl-lolipop.jp

 

とはいえ、我が家は昼間もお風呂に入るので明り取りという意味と、ハイターやカビキラーなんかも使うことを想定して窓を付けました。

また、ヒートショックの心配をされますが、温泉なんかでは冬に露天風呂で温まって、外で身体を冷やして、また露天風呂で温まってと繰り返すので、敢えて冬に窓を開けて浴室を寒くしてその疑似体験をしたいという欲求もあり窓をつけました。

 

昼間の浴室はこんな感じです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131130211j:plain

昼間の浴室

浴室照明は不要なくらい明るいんですね。この窓南西向きなんですよ。

 

ただ、夜はもう少しリラックスできる空間にしたかったので、こんな装備をオプションで導入しました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131130543j:plain

LED調光器

このオプションだけで5万円近くするのですが、私の拘りポイントです。

私は家の中くらいリラックスモードでいたいということで、基本的に照明には暖色のみ採用しています。

この調光器をつけることで、標準の白色LEDから暖色へと色味を変えられます。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131130625j:plain

暖色モードの一番明るいパターン

ただ、これだけでは明るい。リラックスする雰囲気にはならないんですね。

本当はスパージュを採用したかった位ですから、調光器によってここまでムーディーにできる様に工夫しました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20210131130826j:plain

LED調光器で一番暗いモード

なお、アライズでは天井は白しか選べないのが残念でした。

リフォームすることになったら次こそはスパージュだ!

 

水回り編まとめ

今回は、トイレ、ランドリールーム、ユニットバスと所謂水回り系の内覧会でした。

トイレはほぼお金を掛けずオプションも必要最小限。

ランドリールームとユニットバスはそれなりに拘ってオプション費用が素敵なことになりました。

まあ、メリハリって大事ですよね。

それにしても、このWeb内覧会は見積書を引っ張り出して、型番とかを調べて…って凄く手間がかかりますね。

こんな亀のペースですが、引き続きWeb内覧会は続けていきます。

何となく次回をお楽しみに…

 

軽く宣伝

Web内覧会に合わせて色々画像系SNSも紹介しておきます。

 

RoomClipやってます。

roomclip.jp

 

楽天で買ったものは楽天ROOMでも紹介しています。

room.rakuten.co.jp

 

そのうちピンタレストとInstagramも真面目に投稿します…(アカウントはあるけどほぼ放置)

www.pinterest.jp

https://www.instagram.com/colonel_zubrowka/?hl=ja

当ブログを応援いただける方は以下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村