へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市にDINKs夫婦が旭化成へーベルハウスの家を建てた記録

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

2020年8月13日 解体工事開始

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20200813151147p:plain

我が家は現在、解体工事中です。

解体までの経緯は以下を参照。

www.colonel-zubrowka.com

 

ヘーベルハウスの解体

前代未聞の新築中のヘーベルハウスの途中解体と言うある意味貴重な経験をしているわけですが、解体工事の大体のスケジュールが確定しました。

ざっと以下の通りです。

解体日程

  • 7月末から8月上旬(お盆まで)~防水目地などの解体
  • 8月お盆明けから8月下旬~躯体の解体
  • 9月上旬~基礎の解体

大体上記の様な工程で進んでいきます。

今後の予定は、9月上旬の基礎解体後に改めて地鎮祭をやり直して、基礎工事から始まります。

 

解体現場

最近仕事が忙しくて、休日すらまともに取れない状況が続いていたので、現場から足が遠のいておりました。

本日、夜勤明けのお休みと言うことで早速現場を見に行ってみました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20200813151128j:plain

ビルの解体現場なんかでも見かける防音ボードが張り巡らされていました。これ、裏から見るとこんな感じです。

f:id:Colonel_Zubrowka:20200813151142j:plain

住宅街の中に突如現れるビル工事現場…

なんというかもう、石棺…?チェルノブイリ原発を思い浮かべてしまいました(不謹慎)。

 

このボード、防音もさることながら、へーベル版の解体時にどうしてもALCの粉が大量に発生してしまったり、破片が飛んでしまう恐れがあります。

そのため、今回は解体業者ではなく、建て方工事を行う業者が施工と逆の行程で一つ一つ手で解体していくという方針とのことです。

それでも、鉄骨の一部をカットしたり、へーベル版の一部をカッターでカットしたりとそういう工程もあるので、近隣配慮ということでこのような重厚な工事囲いで守りつつ作業を行うようです。

 

f:id:Colonel_Zubrowka:20200813151134j:plain

ガレージの中には、既に一部解体された瓦礫が積まれています。

f:id:Colonel_Zubrowka:20200813151140j:plain

近寄れるだけ近寄ってみたのですが、なるほどしっかりとした囲いのようですね。

この猛暑の中、この箱の中で作業するのは大変でしょう…

どうか職人さん達が倒れないようにと願うばかりです。クーラーボックスに氷満載の差し入れが必要だな…

 

丁度今週は夏休み中ということで、作業はしておりませんでしたが、いよいよ来週から解体が始まります。楽しみ?ですね。

 

次回

www.colonel-zubrowka.com