へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市に旭化成へーベルハウスの家を建てた記録

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

2020年5月14日 地盤改良工事開始

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20200516222723p:plain

地鎮祭と地縄張りが終わり、最初の行程は地盤改良工事となります。

 

地盤改良工事の内容

今回建築するのは、重量鉄骨構造の3階建て。相応の地耐力を求められます。

しかし、川崎市は多摩川氾濫によって生まれた平地、地盤はあまりよくありません。

というわけで、ヘーベルハウスとの請負契約後最初に行ったのは地質調査でした。

www.colonel-zubrowka.com

この調査の結果、7メートル掘らないと硬い地盤には届かないことが分かっています。というわけで、7メートル先に杭を打ち込む地盤改良を行うこととなりました。

 

地盤改良工事の工法

地盤改良工事には大まかに以下の三つの方式があります。

  • 表層改良工法
  • 柱状改良工法
  • 鋼管杭工法工法

この辺の詳しいお話は、現役ハウスメーカーの工事担当である、カントクパパさんのブログ記事を引用させていただきます。カントクパパさん、記事提供ありがとうございます!

kantokupp.com

グラインドコラム工法

今回、地盤改良を実施するにあたって採用するのは、旭化成が2018年5月11日付でBCJ-審査証明-246で技術証明を取得した『グラインドコラム工法』です。

 

これは、柱状改良工事に属する地盤改良となります。

杭打ちと言うと、地中にドリルで穴を開けて鉄の杭を埋め込むイメージがあると思います。

f:id:Colonel_Zubrowka:20200516230326j:plain

グラインドコラム工法は鉄の杭を打ち込むのではなく、地面に筒状の穴を開けてそこにセメントを流し込んでセメントの細長い柱を作るイメージとなります。

技術証明書では「セメント系固化材を用いた深層混合処理工法」と呼ばれていますが、各社でこの流し込むセメントの成分が違うようでして、グラインドコラム工法も独自の調合のセメントを使っているんですね。

この柱状改良工事は地中8メートルまでは有効とのことで、今回我々の土地は7メートルなのでこの工法を採用しました。鉄の杭を打つよりは安くなります。

参考:グラインドコラム工法について

www.bcj.or.jp

https://www.bcj.or.jp/db_upload/exam/houkoku/bcj246_%EF%BC%91.pdf

 

我が家の地盤改良工事

というわけで、早速工事の行程です。

工事自体は5月14日から開始されました。残念ながら、有給申請は却下されたため工事開始日に見に行くことは叶わず、翌日15日に見学に行きました。

掘削

グラインドコラム工法の掘削

こんなシールドマシンで地面を掘削していきます。ガッコン×2ものすごい音がするのかと思いきや、案外そこまでうるさくないです。

映画『アルマゲドン』で彗星の地表にシールドマシンで穴を開けてましたね。

アルマゲドン (字幕版)

 

目標地点まで掘ったら、シールドを抜きます。

グラインドコラム工法掘削工事

地質調査で粘土状の地盤が続くとあった通り、粘土質の土がどんどん出てきます。備前焼的な焼き物には使えるのでしょうか?自分の家の土地から出てきた土で陶芸体験ってオプションがあっても面白そうですね。え?興味ない?

 

セメント流し込み

今回金属杭を打ち込むわけではないので、筒状に開けた穴にグラインドコラム工法独自配合のセメントを流し込みます。

グラインドコラム工法 セメント流し込み

小型のコンクリートミキサー車的なトラックが来て、セメントを流し込みます。空気が入り込んで気泡が発生しないように技術を要する作業ですね。

 

この流れを1セットとして、一か所一か所掘って作業をしていきます。先に全部穴を掘ってからセメントを流し込むわけではないです。

 

セメントの養生

シールドドリルの穴

セメントが流し込まれた後はこんな感じでセメントの養生(つまり固まるのを待つ)を行います。

 

地面均し

最後はドーザー付きバックホーで地面を均しつつ、セメント表面のバリを取ります。

ドーザー付きバックホー

杭打ちの上から基礎を作るので、そのまま穴をあけておくのかと思いきや、一度きちんと埋め戻して地面を均します。

最後はこのように地面を均して終了です。この状態で1週間養生するんですね。

 

作業に要した日数

我が家の地盤改良工事には2日を費やしました。この程度なら2日で終わるんですね。

流し込んだセメントの養生に1週間かかるということなので、次の行程まで一週間寝かせることになります。

 

次の行程

この次の行程は基礎工事です。

予定では5月25日の週から開始となります。

www.colonel-zubrowka.com