へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市に旭化成へーベルハウスの家を建てた記録

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

注文住宅の間取りを考えるうえで押さえておきたいポイント

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20200705150228p:plain

今回は私の家造りの話題ではなく、友人の家造りの話題です。

 

妻の親友が我々と同タイミングで注文住宅を検討しているということで、お互いに色々情報共有をしながら進めてきていたのですが、親友夫婦の建築計画が泥沼状態に陥っているというお話を聞きまして、先日夫婦で親友夫婦のご自宅にお伺いしてきました。

 

親友夫婦は地方都市で、都心では信じられないレベルの広さの土地を購入し、そこに平屋で家を建てることを検討しているとのことでした。

家族構成は夫婦+未就学児2人。

現在は一戸建ての借家住まいという状況で、永住まではいかないまでも定年退職くらいまでは住む前提です。

 

彼らは複数のハウスメーカーに相見積を取り、入札方式でメーカー決定を行うということでした。

内訳は大手HMと地元の工務店ということで、要求仕様書を作成し入札メーカーに対して同じ仕様書を展開し提案を受けている状況ですが、なかなかピンとくるプランが出てこないという悩みに陥っていました。

 

一連の流れを見て、私は彼らが注文住宅検討で陥りがちなドツボにはまっているなと感じ、分析してみた結果を今回は語りたいと思います。

 

家の間取りってどうやって考えるの? 

注文住宅で実現したいことの洗い出し

誰しも注文住宅を建てるとなったら、自分の家で実現したい要素をとりあえずリストアップすると思います。

それ自体は何ら問題のあることではなく、注文住宅設計の方向性を決めるうえでは重要なプロセスです。

しかし、多くの場合このリストアップからプランに落とし込む際に妥協を強いられることで、「実現したかった夢が叶わなかった」というマイナスの感情を抱く要素となります。

少しでも理想の家に近づけるには、夢を可能な限りすべて詰め込むのが理想だと思うでしょう。

それは正しくもあり、時として正しくない場合もあります。

 

希望をただ並べるだけの弊害

希望を可能な限りすべて詰め込もうとすることが、必ずしも正しくない。

それはなぜか?

実現したいことをリストアップしたとき、箇条書きで要素を出していると思いますが、一つ一つの夢は叶えられそうでも、他の夢と相反する要素が混じっていたりします。

 

例えば、「ウォークインクローゼットは寝室と直結させたい」という夢と、「洗濯室とウォークインクローゼットを隣接させて洗濯物の取り込みを楽にしたい」という夢があったとして、この二つだけ見ると実現は容易そうですが、ここで第三の夢が出てきて、「夜勤もあるので寝室と騒音のある部屋を離したい」という夢があった場合、ウォークインクローゼットと寝室と洗濯室をつなげると、昼間洗濯をすると寝室に洗濯機の騒音が届く可能性があります。

こういった相反する希望が色々と出てきて、取り下げなければならない希望がぽろぽろと出てきてしまうことは多いでしょう。

これが全部自分が出した希望だったのなら、まだ諦めもつきますが、夫婦でそれぞれ出した希望が相反する希望でどちらかを採用すると、どちらかが諦める形になるので、対立の火種となります。

 

親友夫婦もまさにこの問題に直面し、どの希望を諦めるのかでドツボにはまり、設計が先に進まなくなっていました。

 

実現したい希望の優先順位のつけ方

実現したい希望が沢山出てきて、その中でも片方を実現すると片方が実現不能になったり、予算の都合で実現できそうもなかったりなど、「諦める夢を選別する作業」が必要になります。

夢を諦めるって、その響きだけで凹みますね。

注文住宅の設計という夢が膨らむ一大イベントなのに、一気にテンションが下がってしまうプロセスになります。

 

じゃあどういう基準で諦める夢を決めるのか?

それは本当に人それぞれで、それぞれの家庭でそれぞれの解決策があると思いますが、今回は実際にその問題に直面し、そして乗り越えられそうなところまで実際に来た親友夫婦の実例を元に、一つの事例をお話ししたいと思います。

全員が全員この方法でうまくいくとは言い切れませんので、うまくいった一つの事例の紹介です。

 

端的に言いますと、

  • その夢は本当に字義通りに叶えなければならない夢なのかを検証する
  • その夢が求めている結果を得るために、他の手段をとることで解決できる可能性を探る

この発想をベースに、実現したい夢の再検証を実施し、ほぼほぼ取りこぼしなくすべての希望を取り込めそうな段階まで親友夫婦はたどり着きました。

 

具体的にはどういった手順をとったのか?次のセクションからお話しします。

 

住宅間取り設計の最初にやるべきことはゾーニングである

f:id:Colonel_Zubrowka:20200705150724j:plain

ゾーニングの例(https://allabout.co.jp/gm/gc/26581/

家の設計を始めるうえで一番最初に考えなければならないのは、ゾーニングです。

大まかに、パブリックゾーンとプライベートゾーンの二つに分かれます。

そもそも、家主以外は家に来ることがないとか、別居の親兄弟とはいえプライベートゾーンを共有することに抵抗がないなど、パブリックとプライベートの線引きには個々人で考え方は住人十色です。

そこからどこまでがプライベートで、どこからどこまでがパブリックなのか?

この方針を、これから建てる家に住む人同士で意識齟齬がないように合わせておく必要があります。

大雑把な言い方をしますと、客が来た時にその客を入れていい部屋と入れちゃダメな部屋はどこか?ということをあらかじめ決めておくことです。

それで、必然的にプライベートとパブリックのゾーンの構成要素が分かれます。

 

ゾーニングを考えるうえで重要な要素

上記でゾーニングを最初に決めるべしといいましたが、新居での新生活を夢見るとどうしても0からゾーニングを考えがちですが、これは罠です。

まったく未知のものを0から作り上げるのは、思わぬ見落としが満載で、結果失敗に結びつきます。

家の場合、出来上がって生活を始めてからそれは顕在化するのでたちが悪いです。

ではそれをどうやって防ぐのか?

現実的な生活動線をベースにゾーニングを組むことです。

 

生活動線の組み方

親友夫婦に進めた方法は以下の通りです。

親友夫婦は現時点で一戸建てに住んでいるので、まずは今住んでいる家の間取り図を作成してもらいました。

親友夫婦は旦那さんがフルタイム勤務で、奥さんが子育て中なので専業主婦です。

ほぼほぼ一日中家にいる奥さんと、平日は夜しかいない旦那さんとだと生活動線がまるっきり違う点にまずは着目しました。

今住んでいる家で家事をするうえで、どういった動線になっているかを間取り図に書きだします。

そのうえで、現在不便さを感じている点を洗い出しました。

今住んでいる家で、その不便さを解消するために家を改造できる前提で、どこそこに何があったら現在の動線が改善されるかを検討してもらいました。

そうすると見えてきたものがあります。

 

部屋の名称と実際の部屋の使い方は乖離している

親友夫婦の現在の住まいは、LDKが縦につながっているレイアウトになっています。

キッチンは本当にキッチンとしてしか使っていないので良いのですが、リビングとダイニングの使い方に一つの発見がありました。

奥さんが洗濯という家事をする際はもちろん、洗濯機と物干しバルコニーを往復する動線となるのですが、それ以外の時間はほぼダイニングテーブルにいるという点に気づいたのです。

ではリビングは何をしている部屋なのか?

ダイニングテーブルからリビングが見えるので、リビングには子供たちのおもちゃなんかがあり、子供たちはリビングにおもちゃを広げて遊んでいます。

つまり、奥さんにとってリビングは実際の家ではダイニングと呼ばれるゾーンだったのです。

一方、旦那さんは帰宅して食事などが終わるとリビングスペースで子供の相手をしますが、子供たちが寝静まるとリビングスペースのソファでリラックスしています。

夫婦で部屋の使い方が違うことが分かってきたのです。

 

親友夫婦のLDKについての希望事項は、リビングに最近流行の畳スペースを隣接させたいというものでしたが、この発見によりリビングに隣接させるのではなく、ダイニングに隣接させるのが最適解だと導き出せました。

この畳スペースで子供達を遊ばせて、キッチンカウンターもしくはダイニングテーブルから目が届く。

そうすると、現在住んでいる家のリビングの場所を畳スペースと置き換えれば、必要としている導線を導き出せたのです。

 

ウォークインクローゼットは本当に水回りと直結させる必要があるのか

導線設計を進めていく中で、見えてきたのは親友夫婦の家のコアはダイニングであるということ。

つまり、ダイニングからの導線を中心に設計していく事が、問題解決の肝になると言うこと。

キッチン周りの導線は確保されましたが、洗濯家事の導線がまだ未定でしたが、妻の方の導線を分析すると一つの特徴が見えました。

この家では洗濯物は外干し派であると。

この家族の家は広いウッドデッキの中庭があります。洗濯物はそこに干したいという希望を聞き出せました。

そこに隠されていたヒントは、洗濯機から取り出して干す導線と、乾いた洗濯物を取り込む導線が実は分断できるということ。

これはどういう事かというと、洗濯機から中庭への導線と、中庭からウォークインクローゼットへの導線は必ずしも一致しないということ。

つまり、ウォークインクローゼットと寝室を隣接させる必要はあるが、洗濯室とウォークインクローゼットは中庭を挟んでも何ら問題がないということ。

 

この発見でゾーニングがすっきりまとまりました。

 

導き出されたゾーニング

親友夫婦の平屋は、中庭を囲むようにコの字型の家になります。

コの上の横線が玄関と洗面所風呂トイレの水回り及び夜リビング。

コの字の縦棒が上からキッチンダイニング、畳スペース。

コの字の下の横線が寝室と子供部屋とWICのプライベートゾーン。

 

部屋の使い道は単一機能で考えない

夢を膨らませる注文住宅設計において陥りやすいのが、用途毎に部屋を作りたいという夢にとりつかれてがんじがらめになること。

また、部屋の名前と機能を一致させなければならないという呪縛。

そして、新しい家に合わせて自分の生活スタイルを変えると意気込んでしまうこと。

 

家に合わせて生活スタイルを変えることができる人は確かにいます。

でも、できない人も多いです。であるからこそ、今の生活スタイルをより便利にする、拡張するという考え方で家を設計する方が満足度が高くなりやすいわけです。

また、よほどの金持ちでもなければ用途毎に部屋を別にできません(笑)

 

親友夫婦の事例で言えば、子供を遊ばせておくリビング隣接の畳スペースがほしいという希望がありましたが、先の導線分析からダイニングと隣接させた方が実際の導線と相性がよいことが分かりました。

では、その畳スペースはそれだけなのか?

客間も必要ということだったので、畳スペースを襖で閉め切れば一時的に客間に転用できます。

パブリックスペースであるダイニングに隣接しているのでゾーニングにも干渉しない。また、そもそも年に数回しかこない来客のために専用の客間が必要なのか?というと、答えは否です。

つまり、畳スペースは普段は家事をしながら目の届く子供の遊び部屋。客が来れば客間に転用できる部屋になるわけで、客間として考えていたスペースが削減できるわけです。

 

子供が小さく外遊びをよくするので、ただいま手洗いカウンターがほしいという希望もありましたが、玄関からの導線を水回り行きとLDK行きに分岐させ、その先で合流できる回遊導線とすることで、玄関に入って水回り方面に行けばすぐに洗面台があるので、ただいま手洗いカウンターの役目をそこで済ますことができます。であればわざわざただいま手洗いカウンターを別途付ける必要もありません。

 

この様に導線の工夫で、求める機能を代替できる設備や部屋をあてがうことで、諦める夢を少しでも減らすことができます。

 

まとめ

長々と書いてきましたが、注文住宅の設計を上手く進めるための手順のまとめ。

 

  1. 今住んでいる家の間取り図を作り、現在の生活導線を書き出してみる
  2. 現在の導線で、不便さを感じている部分や改善したいと思っていることを書き出してみる
  3. 部屋の名前と使用用途の紐付けをいったん解いて、それぞれの部屋の使用実態を明らかにする(リビングとされてる部屋がただの子供のおもちゃ部屋になってる等)
  4. 機能を重複させることができる部屋は積極的にまとめる
  5. 新しい家では新しい生活導線が生まれるとは思わないこと(今の生活スタイルや生活導線をより便利にするつもりで)

これを分析して、設計士に渡すと驚くほど良いプランが出てきます。

 

もし、家の設計で悩んでいるのであれば、こんなアプローチもあるという参考にしていただければ幸いです。

 

関連記事

www.colonel-zubrowka.com