へーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

神奈川県川崎市に旭化成へーベルハウスの家を建てた記録

ヘーベルハウス建築記@神奈川県川崎市

2020年1月11日 土地の打ち合わせ

スポンサーリンク

f:id:Colonel_Zubrowka:20200517184811p:plain

冷やかしでへーベルハウスのモデルルームに行き、どういうわけかある程度具体的な話になって帰ってきました。

前回のお話…

www.colonel-zubrowka.com

展示場に行った翌週の週末に不動産屋さんと打ち合わせと言う約束になっています。

土地の紹介

約束の1月11日は、へーベルハウスの営業氏が不動産屋を連れてくるということで、夕方打ち合わせのために、再びモデルハウスへ向かいます。

しかし、予定より早く到着してしまったので、展示場の別のメーカーを見学することにしました。

 

トレーラーハウス 

展示場をふらふらしていたらトレーラーハウスを発見しました。

ああ、アメリカンスタイルトレーラーハウスですね。キャンプ場でたまに見かけます。

これまた冷やかしで行くと、営業担当のおばちゃんが案内してくれました。

f:id:Colonel_Zubrowka:20200130160121j:plain

これ、結構立派な奴なんですがお値段が意外とお手頃。

400万位で新車が買えるそうです。輸送コストが別途かかるそうですが。

メルセデスのCクラスよりも安いくらいなんですね。

f:id:Colonel_Zubrowka:20200517214844j:plain

トレーラーハウスの平面図

これで7人くらいなら泊まれます。

いずれ、伊豆辺りに別荘地を買ってこのトレーラーハウスを置けば別荘にってのもいいかもなぁ。

友達が使うときに光熱費分くらい出してもらってってやるのもよい。

ただ、終の棲家としては我が家の要件を満たせないので、あくまで別荘。

そして、本宅もないのに別荘の話をしてもしょうがないので、夢だけ見てその場を後に。

 

三井住友トラスト不動産

打ち合わせの時間になったので、へーベルハウスへ移動します。

その日は三井住友トラスト不動産の営業がおりました。

余談ですが、私は以前住友商事系の会社で働いていたこともありまして、住友生命に加入していたこともあったりするのですが、三井住友さんとは今回初めてのお付き合いになります。SMBCの口座持ってないしね。

 

へーベルの営業氏が事前に我々の土地の大雑把な希望を、トラスト不動産に伝えてくれていたようでして、何個か土地の候補を持ってきてくれていました。

 

中には現在の我が家から徒歩3分以内という土地も含まれていたり。

こういうのって意外と面白くて、近所の見たことのある家が売りに出されていたりするのです。へえ、あの家売りに出しているんだって。

 

さて、その中から数件近所の土地相場から見ると安い土地がありました。

一つは三角形の土地で接道がイマイチな土地。これは安くなるよねという見るからに安い土地。

やはり接道がイケてなくて、車で通るのきつくない?という土地だったりと、分かりやすく価格が下がっている土地ばかりの中、一つ良さそうな土地を見つけました。

 

同じ面積で同じ地区なのに、他の土地より1000万近く安い。

何故だ?

で、よくよく調べると以下の通り。

  • 目の前墓場
  • 私道負担在り(袋小路私道を複数宅で共同所有)
  • 江戸時代の水路跡や暗渠に囲まれている(武蔵小杉近辺の土地は、江戸時代には多摩川から水路を細かく引いて水田地帯としていた名残の水路や、その水路を埋め立てた道が沢山残っています)

ただ、若干土地が周りよりも盛り土されているように高くなっているとのこと。地盤改良工事に費用がかさむ可能性はあるけど、擁壁作るとかそういうレベルではないので、なんとかなるのでは?という土地。

たまたま年末に出たばかりの土地で、不動産屋は年始の営業を開始したばかりでまだ買い手はついていないとのこと。

 

妻はまだ見ぬその土地の立地が気に入ったようだ。最近はGoogleストリートビューでも見れるから便利ですね。

とりあえず、トラスト不動産にはその土地の現地見学の日程を組んでもらい、へーベルハウスにはその土地前提でプラン案を組んでもらうことになった。

 

う~ん、冷やかしから一週間。展開が早い…

 

次回、

www.colonel-zubrowka.com